体調改善のためのドッグフード(肥満)の特徴

肥満になることで起こる弊害

犬が愛玩動物として人に飼われるようになってから、犬、特に飼い犬は総じて肥満傾向にあるといえます。
肥満が原因で生活習慣病を発症し、動物病院を受診するワンちゃんも少なくありません。

しかし肥満というと、あまり重篤な症状であるというイメージがないのではないでしょうか。
例えばある時、「うちの子が病気かもしれない」と思い、動物病院に駆け込んだとします。
その際に「あなたのわんちゃんは肥満です」と診断されても、「なんだ、ただの太りすぎか」と、ほっと胸を撫で下ろす飼い主さんも多いでしょう。
たしかに、「心臓病です」「腎臓に異常があります」などと言われるよりは、目に見える直接的な健康被害は少ないですし、「肥満」の方がまだ安心できるかもしれません。
少し太っている方が、体型がコロコロしていてかわいらしいと感じている方も多いのではないでしょうか。

しかし、ただの肥満と侮ってはいけません。
「少し太めくらいがかわいい」は危険信号です。
肥満は様々な生活習慣病の原因となり、放置しておくと重篤な健康被害が発生する可能性があります。

具体的な病気としては、

  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 心臓病
  • 骨や関節の異常
  • がん

などが挙げられます。

上記にあげた症例は一部ですが、これだけでも聞き覚えのある病気が並んでいるのがお分かりになると思います。
場合によってはがんなどの、命にかかわる病気を招く恐れもあるのです。

かつて犬やその祖先も自然界で暮らしていましたが、野生動物が肥満になることはありません。
犬に肥満症状が見られるようになったのは、人に飼われ始めてからであり、「肥満の原因は100%飼い主の責任である」という意見もあるくらいです。
愛犬がいかに適正体重を保ち、余計な脂肪を付けないようにするかどうかは、飼い主さんの手にかかっているということです。

そして肥満対策に最も効果的なのが、日々の食事の改善です。
運動も必要ですが、犬はそもそも「走りやすい」身体の構造をしているため、運動によって大幅に体重を減らすことは難しいです。
食事内容を見直したり、量を調節することが、犬のダイエットには非常に有効です。

中には太り気味の犬専用の、「ダイエット用ドッグフード」も多くのメーカーから多数販売されています。
メーカーや銘柄によって効果や原材料などが異なりますので、愛犬の体質や肥満度合いに合ったフードを選ぶことが大切です。
適切なドッグフード選びで、愛犬の健康を守れるようにしましょう。

体調改善のためのドッグフード(肥満)の特徴

カロリーや脂肪分が低く設定されている

ダイエット用ドッグフードの大きな特徴といえば、「カロリー・脂肪分の低さ」です。
「肥満用」のドッグフードということですので、太ってしまう原因となりうるカロリーや脂肪分は、やはり低めに設定されています。

肥満を解消するために、最も手軽な食事制限方法は「与えるフードの量を減らすこと」です。
しかしこの方法ですと、ワンちゃんの身体に負担をかけてしまう可能性があります。
フードの量を少量減らすだけならば問題ないですが、太り気味だからといってあまりに多く減らしてしまうと、必要な栄養を十分に摂れなかったり、空腹で嘔吐したりしてしまうことがあります。

その点、ダイエット用ドッグフードは必要な栄養分はキープしたまま、カロリーや脂肪分がカットされているので、与える量は変わらず健康的に食事制限を行うことができます。

タンパク質に関しては、通常フードよりも低くなっているものと高くなっているものがあります。
タンパク源となる原材料(主に肉など)は、タンパク質だけでなく脂肪分も多く含んでいます。
そのため、ダイエットフードはタンパク質も抑えめに設定してある商品が多いです。

しかし、タンパク質は身体をつくるもととなり、ワンちゃんにとっては最も大切な栄養素です。
体内のタンパク質が不足すると、皮膚が荒れたり毛並みが悪くなったりするなどの健康被害が出てきます。
ですのでダイエットフードの銘柄によってはタンパク質の欠乏のために、逆に体調を崩してしまうわんちゃんもいるようです。
肥満解消、つまり肉体改造のためには良質なタンパク質が不可欠です。
極端にタンパク質が少ないフードは、避けた方がよいかもしれません。

ダイエット用のドッグフードを購入する場合は、低脂質・低カロリーかつ高タンパクのものを選ぶとよいでしょう。
肉のなかでも、鶏ササミや馬肉などはタンパク質が豊富ながらも低脂質・低カロリーです。
原材料表示を見て、良いダイエット用ドッグフードが見つからなかった場合は、馬肉を使用した低カロリーフード(ダイエット専用ではない)などを与えてみてもいいかもしれません。

腹持ちが良くなるように工夫されている

人のダイエットの場合も同様ですが、食事のカロリーだけでなく「腹持ちのよさ」や「満腹感」などは、食事制限において重要なポイントになってきます。
愛犬についおやつやごはんを与えすぎてしまう飼い主さんも、「ねだられているのにあげないのは可哀想」「お腹を空かせて辛そうにしているところを見ていられない」といった理由であげすぎてしまう方が多いのではないでしょうか。
低カロリーながらもわんちゃんがお腹いっぱい食べて満足してくれれば、それが一番ですよね。

ダイエット用のドッグフードは、ダイエット中もわんちゃんが空腹によるストレスを感じることのないよう、腹持ちの良さの面でも工夫されています。
フードに食物繊維を含ませたり、穀物(炭水化物)を使用することで、腹持ちを良くしています。

ドライタイプのドッグフードの場合、ぬるま湯でふやかすと膨らみますのでさらに満足感が得られます。

嗜好性が低い

ダイエット用ドッグフードは脂肪分が控えめになりますので、嗜好性の面ではどうしても通常フードよりも劣る傾向があります。
多くのわんちゃんの場合、減量前に食べていたものはおそらくダイエット用ではない普通のドッグフードでしょうから、ダイエット用のものに切り替えた際、なかなか食べてくれないわんちゃんもいるでしょう。
かといって安易にトッピングなどをしてしまえば、余計なカロリーを与えることになりますので、ダイエットの意味がなくなってしまいます。

わんちゃんがなかなかダイエット用ドッグフードを食べてくれない場合は、ぬるま湯でふやかして嗜好性を高めるなどの工夫をしてみましょう。

粒の形状を工夫した商品もある

該当商品はそう多くはないですが、ドライタイプの肥満犬用ドッグフードの中には、粒の形状に工夫がされているものもあります。
例えば、わざと飲み込みにくい形(突起をつくるなど)にすることでしっかりと噛むことを促したり、水分との接触面積を増やす形(ドーナツ型など)にすることでお腹の中でふやけやすくするなどして、満腹感を得られるようにしています。

表記方法の違い

ひとくちにダイエット用といっても、用途や肥満度合いによって対応するフードが異なってきます。
肥満対策用のドッグフードには、「減量用」と「体重維持用」の二種類が存在することをご存知でしょうか。

「同じようなものじゃないの?」「何が違うの?」といった疑問点が浮かんでくるのではないかと思いますが、この二つには明らかな線引きがなされています。
それではまず、それぞれの特徴を見ていきましょう。

減量用ドッグフード

獣医さんからはっきり「肥満である」と診断されたわんちゃん向けのダイエット用ドッグフードです。
見るからに太りすぎ、または適正体重を明らかに超えている場合はこの「減量用」フードを与えるのがよいでしょう。
カロリーは通常のフードと比較して、約15%ほどカットしてあるものが一般的です。
15%というと、日々の摂取カロリーとしては案外多いものです。
その分ダイエット効果も大きいですが、あくまでも「太りすぎた犬用」であることを忘れないようにしましょう。

適切な栄養が取れなくなる可能性がありますので、適正体重のわんちゃんには決して与えてはいけません。
また、減量に成功して適正体重に戻ったワンちゃんにも、そのまま継続して与えないようにしましょう。
ダイエットが終わったら、体重維持用または通常のドッグフードに徐々に切り替えてあげましょう。

パッケージに「減量用」「ライト」「肥満犬用」などと表記されていれば、減量用のドッグフードであるといえます。

体重維持用ドッグフード

体重維持用ドッグフードは、文字通り「現在の体重を維持する」ことを目的としたフードです。
日頃の運動量が少なめなワンちゃんや、食欲旺盛でついたくさん食べてしまうわんちゃん、避妊・去勢手術後の子など、「通常のフードををこのまま食べ続けたら、太ってしまう可能性がある」タイプの犬に適しています。

体重維持用のドッグフードは、通常フードのカロリーを約10%ほど減らしたものが一般的です。
減量用ドッグフードと比較してみると、カロリーのカットは控えめです。
「体重維持用」と銘打ってありますが、カロリーは10%ほどカットされていますので、常食していれば少々体重が減ることもあります。
しかし、減量を目的としたフードではありませんので、大幅に体重が落ちることはありません。

パッケージには「体重維持用」の表記のほか、「適正体重維持」「過食気味の犬用」「避妊・去勢犬用」などといった書き方がされています。
シニア用のフードもカロリーや脂肪分が控えめに作られていますので、体重維持用のドッグフードが見当たらない場合は、シニア用でも代用が可能です。
しかし同じ銘柄でも、成犬用とシニア用とでは原材料が異なることがありますので、購入前によく確認しておくことが大切です。

減量用ドッグフードと体重維持用ドッグフードの特徴を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。(表1)

表 1 肥満対策用ドッグフードの比較
名称 目的 対象となる犬 削減カロリー 別称
減量用ドッグフード 超過体重の減量 肥満犬
医師の判断により、減量が必要と診断された場合
5% ライト
肥満犬用
体重維持用ドッグフード 適正体重の維持 食欲が旺盛な犬
運動量の少ない犬
去勢・避妊手術後の犬
0% 適正体重維持
過食気味の犬用
避妊・去勢犬用

ダイエット用フードの注意点

日々の食事から、手軽にわんちゃんの体重管理をすることができるダイエット用ドッグフードですが、いくつか注意すべきことがあります。
ダイエットフードに頼らなければ絶対に痩せない、ということはありませんので、欠点や注意点を良く把握したうえで、慎重に選ぶようにしましょう。

銘柄によってカロリーが異なる

まずひとつ注意しなければならないのが、「銘柄によるカロリーの違い」です。
肥満犬用、体重維持用ドッグフードの「カロリーを通常の○○%カット」という数字の基準は、あくまでも「同銘柄の通常フードと比較した場合」です。
ですので別銘柄のダイエットフードに切り替えた場合、そのカロリーによっては以前のフードよりもカロリーが高くなってしまう可能性があります。

図1
図1

別銘柄のドッグフードに切り替える際、もともとのカロリーが高いものに切り替えてしまうと、逆に以前のフードよりもカロリーが高くなってしまうことがありあます。
これでは痩せさせるどころか、逆に太らせてしまうかもしれません。
別銘柄の商品に切り替える際は、そのカロリーもきちんとチェックしておきましょう。

穀物が大量に使用されているものもある

ダイエット用ドッグフードの多くは、主原料に炭水化物が使用されているものが多いです。
特に安価な商品の場合、その傾向が顕著です。
ダイエットフードに穀類が使用される理由としては、「腹持ちが良いこと」「肉よりも脂肪分が少ないこと」「繊維質が消化を助けること」などが挙げられます。

しかし穀物が原材料の中心となっているドッグフードは、ダイエット用としては逆効果になる場合がありますので、なるべく避けたほうがよいでしょう。
というのも、穀物、つまり炭水化物は多く摂りすぎると肥満の原因になります。
たとえ脂質やカロリーが少なく設定してあっても、炭水化物の割合が多いとあまり意味がないこともあります。
また、ダイエットフードに限った話ではありませんが、ワンちゃんは穀物の消化があまり得意ではありません。
肥満を解消し、しっかりとした身体づくりをしたいのであれば動物性タンパク質が必要不可欠です。
安価なドッグフードの場合、ダイエット目的だけでなく「かさ増し」のために穀物が必要以上に使用されていることがあります。

特定の栄養が不足する可能性がある

ダイエット用ドッグフードは、必要な栄養を摂取しながら体重管理ができることが魅力の商品です。
しかし残念ながら、すべての商品が「栄養満点」であるわけではありません。
低価格帯のドッグフードの中には、カロリーだけでなく必要な栄養まで不足しているものもあります。

ダイエットフードに切り替えてから元気がなくなり、動物病院に駆け込んだら「特定の栄養が不足している」と診断された、という事例もあります。
通常のフードでも、主原料がラム肉や馬肉、魚などのドッグフードは比較的低カロリー・低脂質ながらも栄養バランスがしっかりとしています。
栄養不足が心配な場合は、そちらを選んでみてもいいでしょう。

切り替えは慎重に行う

先述した注意点や特徴を把握したうえで、愛犬に与えるダイエットフードを決めたとします。
ドッグフードを選んだらそれで終わり、というわけではありません。
新しいフードへの切り替えは、一週間以上かけてゆっくり行いましょう。
急激な食生活の変化はワンちゃんの身体に負担をかけてしまうからです。

※この記事の内容は、様々な「ダイエット用ドッグフード」の銘柄の特徴をまとめたものです。
商品によって特徴は多少異なりますので、すべてのダイエット用フードに上記の特徴が当てはまるわけではありません。

参考URL
https://www.deadance.com/31.html